法事・法要

法要だけでなく法事全体のサポート
当山では、読経をあげて供養する法要だけでなく、故人を快く慕べるような法事にできるよう施主をサポートいたします。
お気軽にご相談ください。
法事・法要の概要
法事・法要とは
法要は僧侶を招き、読経をあげて供養するという儀式を指します。
対する法事は、法要に加えて、会食までを含んだ行事全体を意味します。法事は追善供養と呼ばれることもあります。
法要の種類
法要には、大きく分けて忌日法要年忌法要という種類があります。
① 忌日法要(七日参り)
忌日法要は、亡くなった日から数えて7日後に行う初七日からはじまり、二七日、三七日、四七日、五七日(三十五日)、六七日、七七日(四十九日)、百箇日法要まで続きます。
人は死んでから四十九日間、この世とあの世とをさまよっている(中陰)といわれています。七七日(四十九日)は満中陰といい、閻魔(えんま)大王をはじめ冥王の裁きによって死者の霊の行き先が決まる日とされています。遺族は七七日(四十九日)まで忌中として喪に服し、この日を境に忌明けとなるため、特に大切な日とされています。
忌明け後は神棚封じをはがし、後飾り壇を取り払い、仏壇に位牌を安置し、香典返しを行います。納骨もこのタイミングで行うことが多いです。
お墓の無い方は、御骨をしばらくご自宅に安置されるか、お寺でもお預かりすることができます。
七七日(四十九日)を過ぎ、故人が新仏になって初めて行うのが百箇日法要です。卒哭忌とも呼ばれ、泣くのをやめて悲しみに区切りをつける日とされています。
以前は百箇日の法要も盛大に行われていましたが、最近は内輪ですますことが多くなっています。同じく、百箇日法要と一緒に行われることが多かった、無縁仏を供養するための施餓鬼会も、お盆に行われるのが一般的になりました。
② 年忌法要
年忌法要は、故人が亡くなった同月同日の、祥月命日に合わせて行う法要です。
年忌法要は「数え」で計算し、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十五回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌などと続きます。
同じ年に2つの法要が重なる場合は、一周忌の場合を除いてまとめて行うこともあります。
法事・法要の流れ
以下が法事・法要の流れとなります。
  • 1. 日時の決定
    法事は住職や、法事の内容や規模によっては親族や故人と親しかった人ともスケジュール調整が必要です。
    3ヵ月前、短くても1か月前には準備を開始しましょう。
  • 2. 招待客数の決定
    日時が決まったら、法事の内容や規模に合わせて招待客数をある程度決めましょう。
    一般的には、七七日(四十九日)や一周忌法要は、遺族と親族以外に故人と親しかった友人・知人まで広い範囲を招待します。
    年忌法要も年を重ねると家族だけでこじんまり行うことも多くなりました。
  • 3. 会場の決定
    法事はお寺、もしくは自宅で行うのが一般的です。
    最近では、脚の悪い方が多いので会館で行う方もおられます。
  • 4. 案内状の発送
    法事の日時や会場が決まったら、招待客へ案内状を発送します。
    案内状は、会食や引き出物の手配のことを考えて返信用はがきを利用するのがおすすめです。先方の都合も考え、1ヵ月前までに届けるのがマナーです。
    法事に招待する人数が少ない場合は、案内状は使わず、電話で直接連絡してもかまいません。
  • 5. 引き出物の手配
    法事の当日は、出席者1世帯につき1つの引き出物を配るのが一般的です。
  • 6. 会食(お斎)の手配
    引き出物の手配とともに、法要後の会食(お斎)の手配もしましょう。
    会食(お斎)は懇親会のようなものと捉えるといいでしょう。
  • 7. お墓の手入れ
    会場と供養をする人のお墓が近い場合は、法事の中でお墓参りを行うことがあります。
    事前にお墓に行き、墓石の汚れを洗い流し、周囲の雑草やごみも取り除いておきましょう。
  • 8. 会場の掃除(自宅で行う場合)
    自宅で法事を営む場合は、会場とする部屋や、家の周辺を掃除しておきます。
    掃除をしていて、法事のときに邪魔になりそうな家具やインテリアは移動し、仏壇は拝みやすいよう部屋の正面に移動しましょう。
    位牌やお菓子や果物といった供物、供花も供えておきます。
  • 9. 施主のあいさつ
    法事では会食を始める前と、場を締めるときに施主があいさつをするのが一般的です。
    あいさつでは、法事が無事に終わったことに対する感謝を伝えるのが主になります。
    施主となる人はあらかじめ内容を考えておくといいでしょう。
当山では法事・法要が初めての方につきましても、
親身になってサポートいたしますのでご安心ください。
〒747-0062 山口県防府市大字上右田1684番地

© Copyright | Tokusyo Temple All Right Reserved